株式積立の検証 途中報告 3カ月目 楽天VTI

投資

ドルコスト平均法で毎月5万円の楽天VTIの積立を実践中です!

積立開始して3か月経ちました。

先月の報告はこちらです。

VTIチャート

月足 2001年からのチャート
1時間足 3カ月間のチャート

8月は月初めにいきなり7%の下落。

その後は上がったり下がったりで横ばいを続けています。

3カ月目の資産状況

月次損益 -8,664円 -3.47%

先月の評価損益-133円から今月は-8,797円にさがったため月次損益は-8,664円でした。

まだ3ヶ月ですが、-3.47%というのは最大の下落率です。

25万円の-3.47%のため-9千円ですが、

これが10倍の250万円だと-9万円、100倍の2500万円だと-90万円。。。

インデックス投資って地味な投資だと思ってますが、こう考えるとなかなか強烈ですね。

通算損益 -8,797円 -3.52%

積立元本250,000円が評価額241,203円になりました。

評価損益は-8,797円 損益率は-3.52%でした。

最大のドローダウンです。今の所はそこまで気にしていません。

これまでの履歴

 月利益月利
1ヶ月目4,457 8.91%記事へ
2ヶ月目-4,590 -2.30%記事へ
3ヶ月目-8,664 -3.47%
トータル-8,797 -3.52%

ドルコスト平均法が裏目に

ちなみに積立開始時の楽天VTIの価格は10,544円、現在価格は10,886円のため、積立開始時より株価があがっているのに損をしている、という状態になっています。

yahooファイナンス 楽天VTIチャート

最初に一括で25万円購入していれば、まだプラスだったということです。

ドルコスト平均法が悪いほうに作用してしまっていますね。

平均化したことによって、取得額が高くなってしまい、損失を出しています。

ロングポジションを持ち、利益が出たのに調子にのってポジションを増やしたところ、高値掴みになってしまった、というような状況です。

しかし、これは当然、逆パターンもありえました。最初に25万円買ってみたら、そこから下落し続ける展開です。そうなると目もあてられません。

その状況なら、毎月定額買ったほうが、取得額を下げられるのでマシになります。

やはり先のことは読めないので、ドルコスト平均法が最善です。

平均取得額があがったのも、平均化されているので狙い通りとなります。

今のところはこれまでのペースでコツコツ行きます。

上がると利益は出るけど平均取得額があがってしまう、下がると損失が出るけど平均取得額が下げられる。

上がってほしいような下がってほしいような、不思議な気持ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました